茅ヶ崎中海岸の家

外観は、最初からご希望されていた焼杉を採用。モルタル壁と焼杉のコントラストでシックなイメージになりました。

LDKに面したバルコニーにはパーゴラをつくり、日差しを遮れるようにして、夏でも外に出やすいように考えてあります。

1Fの内装ですが、フローリング・腰壁に足場板を、天井には白いビンテージ板と古材の化粧梁を使いました。

玄関土間を4.5帖と広くとり、隣に3帖の収納を作って、キャンプなどアウトドアの片付けなどの作業をしやすくしました。

2F、LDKはこだわりの草木染のフローリングを張りました。古材を使ったキッチン・洗面台・スチール階段ともマッチしています。