柄沢の家

焼き杉の大きな家が完成しました。

奥行きがある家なので家の中心に光庭を設け、家全体に光が入るように工夫しています。

光庭は玄関、リビング、ダイニングキッチンとどこからでも見ることができます。

床は温かみを感じられるものをということで、桐のフローリングを採用しました。

やわらかく素足でも冷たさを感じません。

キッチン、洗面、建具はタモ材のオイル仕上げとし、大谷石の壁面、洗い出しの玄関 

キッチンのタイルは和瓦のいぶし銀テイストと、モダンな中にも 和のテイストをちりばめています。

外構ができあがりましたらまた外の写真をアップします!